はじめての転職フェア【転職フェアに行くメリットとは?】

更新日:2018/06/29

この記事は約4分で読めます。

転職フェアのメリット

転職フェアに行ったことはありますか?

存在は知っているけど行ったことが無い方も多いんじゃないんでしょうか。

わざわざフェアまで行かなくても...という方にぜひ知ってほしい転職フェアの魅力。スマホで求人を探すのが主流になっている時代だからこそ、転職フェアに参加することをオススメします。

今日は転職フェアとはなんぞや?というところから、転職フェアに行くメリットまで解説していきます。

「はじめての転職フェア」に参加します

2018年7月22日(日)吹上ホールにて リクナビが主催する「はじめての転職フェア」に参加します。

服装は自由です。ぜひニッコーのブースにお立ち寄りください。

お問合せはコチラから

転職フェアとは?

転職フェアとは

転職フェアとは、多数の企業が1つの会場に集まり、来場者に自社の説明をする「合同説明会」です。

それぞれの企業が会場内にブースを出し、転職希望者に自社の説明をしたり、質問に答えたりします。

職種もさまざまで、営業・事務・など多岐に渡って行われるものもあれば、エンジンニア求人のみの専門に特化したイベントもあります。第二新卒をメインにしたものや、30代以上の経験者をターゲットにしたものなど、フェアによっては対象年齢が区別されている場合があるので、自分に合った層を見極めることが大切です。

転職フェアに行くメリット

スマホから就職・転職活動ができる昨今、わざわざフェアに行く意味はあるのか?そう思っている方も多いと思います。

たしかに、求人サイトや企業HPを見ればだいたいの情報は手に入ります。

だからこそ、「ネットでは手に入らないナマの情報」「転職フェアだけの特典」をゲットしてきてください!

本日は、その2点のメリットを詳しく説明していきます。

メリット① 採用担当者と直接話ができる

転職フェアでの最大のメリットは、採用担当者と直接話せることです。

直接話し、質問をすることで、求人サイトには載っていない、企業のリアルな情報を聞き出すことができます。また、直接話すことで採用担当者に顔を覚えてもらえる場合もあります。転職フェアで知り得た情報や顔合わせは、面接時、他の求職者に比べて大きなアドバンテージになります。

メリット② その場で面接まで進むことがある

企業によっては、フェアを選考の一環にしている所があります。

採用担当者は、転職希望者をよく見ています。熱心に質問する転職希望者を見て、その場で書類選考はパス、面接のみで転職に成功したケースもあります。

転職フェア以外の仕事の探し方

転職フェア以外の仕事の探し方

フェア以外の効果的な転職活動の一つに、お仕事探しから入社までサポートする「人材サービス」があります。

就きたい仕事が明確に決まっている場合はともかく、それ以外の方は転職といっても、何から始めればいいのか分かりませんよね。

そんな時にオススメなのが「人材サービス」です。

やりたいことは決まってないけど、どんな仕事が自分に合っているか分からないけど、できたら今より良い条件で、"なんとなく"転職したい。

人材サービスのニッコーはその"なんとなく"を形にします。

具体的には、お仕事内容、給与面、休み等の要望を聞きながら、あなたにとって一番条件の良いお仕事を紹介し、入社まで手厚くサポートします。履歴書の書き方が分からない、面接が苦手だから練習させてほしい、そんな要望もOK。

マンツーマンならではの細やかなカウンセリングで、お仕事だけではない様々な要望にご相談を承ります。

まとめ

転職フェアはさまざまな企業の説明を直接聞けて、質問できる本当に貴重な機会です。そこでの経験は、今後あなたの転職活動に必ず役に立ちます。

また、フェアには色々なタイプの職種が集まりますので、今まで知らなかった仕事に出会えたり、やりたい仕事が見つかるかもしれません。

転職フェアを利用することは、転職成功への大きな近道となります。

ネットの求人サイトでだけではなく、転職フェアや人材サービスなど、あなたに役立つサービスはたくさんあります。

それらのサービスを有効に活用して、あなたの転職活動にぜひ取り入れてくださいね♪

転職サポートのプロに無料相談