工場勤務で働く派遣スタッフインタビュー No.1 Fさん

工場勤務の派遣社員Fさん

質問のあいこ

工場勤務で働く派遣スタッフインタビュー

実際にニッコーで働いている派遣スタッフにインタビューをしてきました。今回答えてくれたのは、沖縄県出身、とっても人懐っこい性格のFさん!仕事の内容だけではなく、ニッコーの担当者のことや地元のこと、将来の夢など、熱く語って頂きました。建前無しのインタビューになっていますので、厳しいことも書いてあったりしますが、今後のお仕事選びの参考になればと思います。

ニッコーに応募した理由を聞かせてください。

Fさん:インターネットでいろいろ仕事を探していて、最初に目についたので応募しました。

採用者:ニッコーで働こうって思った決め手はどうしてですか?

Fさん:友達が愛知県にいるんですよ。で、その時僕は沖縄から旅行に来てたんですけど、友達から仕事のことを聞いて。沖縄よりも稼げるじゃん!って思って。思い切って働いてみることにしました。

前はどんな仕事をしていました?

Fさん:社会人として初めて入社したところは、人員不足な面もあって残業がすごく多い会社だったんですよ。(職種は伏せさせてくださいね。)毎日サービス残業も当たり前、みたいな。任される仕事量も、ものすごく多くて。自分のノルマも終わらないし、先輩の手伝いもしないといけないし、全然家に帰れませんでしたね。なのに手取りが本当に少なかったです。冗談抜きで生活できないくらい。

工場で働くことに抵抗はなかったですか?

Fさん:正直なところ、ありました。 今まで接客業しか経験がなかったので、自分にできるのかなぁって。単純作業で、黙々と仕事をするイメージがあるじゃないですか。

採用者:それでも続けられるのはどうしてですか?

Fさん:キツイけど楽しいんですよね。 職場では三人一組になって、部品の製造をするんですけど、和気藹々とした雰囲気で仕事ができるんで。みんなで「キツイけど頑張ろうね」って言い合いながら仕事をしています。楽な仕事って無いと思うんですよね。仕事をしてたら必ずツライ時とかキツイ時とかありますよね。そんな時に励ましあえる仲間がいるから、続けられます。

採用者:やっぱり人間関係って大事ですよね

Fさん:そうですね。ニッコーでは、沖縄県民だけのサークルがあって、この前もバーベキューをしたんです。そういうイベントって、他の会社では無かったから、仲間が作りやすい職場だと思いますよ。

沖縄県民同市で集まったBBQ大会

今の仕事に慣れるまでどのくらいかかりました?

Fさん:大体1カ月くらいで仕事を覚えられるし、 職場の仲間と打ち解けてきます。最初はみんなよそよそしい感じなんですけど、働いているうちに仲良くなっていきました。今は楽しく仕事ができています!

ちなみにお給料ってどんな感じですか?

Fさん:派遣の仕事って、あんまり良いイメージ無いと思うんですけど(笑)働いた分はしっかりもらえるし、残業代も付くので、正社員よりも待遇は良いかもしれないですね。

ニッコーの担当者はどんな人ですか?

Fさん:すっごくいい人です。言わされている訳ではないですよ(笑)困ったときには親身になって相談に乗ってくれるし、「俺がなんとかしてやる」って感じの人なんです。それに、上から物を言うのではなく、同じ目線で、同じ立場に立って話をしてくれるんです。だから、これからニッコーでしっかり働いて、恩返ししなきゃなって思ってます。

工場勤務の派遣社員Fさん

沖縄から出てきて、寂しいなって思ったことはありますか?

Fさん:地元に帰りたくなる時もありますが、年2回くらい帰省してまた戻ってきてます。地元が嫌とか親と仲が悪いとか、そういうことではないですよ(笑)

採用者:寮に入って暮らしてみて、親との関係って変わりました?

Fさん:一人で暮らしてみて、分かることってたくさんありました。親には感謝してますし、尊敬しています。最初は沖縄を出て働くのを反対されたりしましたが、今では応援してくれています!

お休みの日は何をしていることが多いですか?

Fさん:仕事で疲れている時には寝ちゃうこともあるんですけど、人と関わるのがすごく好きなので、飲み会とか行くことも多いです。人の話を聞いて、自分には無いいろんな考え方を知れるのって楽しいですよね。

将来はどうなりたいですか?

Fさん:しっかりお金を貯めて、付き合っている彼女と一緒にいれたらいいなって思ってます。今は遠距離の彼女がいるので、彼女にプレゼントを買うために、日々仕事を頑張ってます!