ニッコーで働くスタッフへインタビューしました!

2019/9/11 更新 ※この記事は5分で読めます。

岐阜インタビュー

質問のアイコン

面談担当社員インタビュー

今回は、岐阜の工場で働く幸樹さん(以下:幸樹)へインタビューしてきました! 目標に向かって頑張る幸樹さんの、ブレない姿勢の理由とは...?ぜひご覧ください!

インタビュー担当:新町

ニッコーへ入社したのはいつ頃ですか?

幸樹:2019年4月です。入社してから5か月経ちました。

前職は何をしていましたか?

幸樹:コールセンターで3年、飲食店で6年間働いていました。 工場でも少しだけ働きましたが、ほとんど未経験に近いです。

サービス業が長かったのですね。製造で働こうと思った理由はなんですか?

幸樹:飲食店で働いているうちに、いつか『自分でもお店を持ちたい』と考えるようになりました。 その為には資金が必要なので、高時給で効率良く稼げる工場で働こうと思いました。

この工場で働いてみようと思った理由はなんですか?

幸樹:まず、時給は1500円スタートで高時給だった所。そして、寮費無料だった点がいいなと思いました。

工場で働く事に不安はありませんでしたか?

幸樹:もちろんありました!工場経験が少ないので、体力面も不安で...最初は時給1000円の軽作業を紹介してもらったんです。しかし、不安よりも「できない事があるより、できる事が増えた方が良い」と考え、チャレンジする事にしました。

新町:素晴らしい姿勢ですね!なかなか言える事じゃないですよ。カッコイイです!

実際に働いてみてどうでしたか?

幸樹:体力仕事と言われていてドキドキしていましたが、余裕でした(笑)できる事が増えていって楽しいです!そしてやっぱり稼げます‼

職場の環境はどうですか?

幸樹:夏は暑くて大変でしたね。僕の現場はかなり歩くので、運動量の多さも関係していると思いますが...

編集注:現場の担当者より、この工場一歩く工程との事。

幸樹:でも、 先輩たちが常に気を配ってくれて、「大丈夫か?」と声掛けしてくれたり、水分補給の為にジュースを無料で配ってくれたりした ので、乗り越えられました。感謝です(^^)

2交代勤務ですが、生活サイクルを教えてください。

幸樹:まず早番ですが、終業は15:20なので、そこから残業しても夕方には帰れます。そのあとは自宅で休んだり、外へ遊びに行ったりとプライベートを楽しんでいます。

新町:朝はちょっと早いけど、その分1日が長く使えて充実できるね。

幸樹:はい。次に遅番ですが、だいたい深夜3時~4時に仕事が終わります。 帰宅後シャワーを浴びて、大好きなピーナッツクリームパンの朝食を食べたりYouTubeを観たりした後、就寝します。遅番は17:30出勤なので、お昼ごろまで寝てもまだ余裕があります。

新町:幸樹さんは無遅刻・無欠勤・無早退と完璧な勤務態度なんだよね。お見事!

寮で生活してみてどうですか?

幸樹:僕は北海道出身なので岐阜には詳しくないのですが、寮の近くには岐阜駅という大きな駅があってどこに行くにも便利です。 コンビニ、アピタも周辺にあるので、不便さはありません。

ニッコーを選んで良かったと思う点は?

幸樹:担当者のサポートの良さに尽きます。 いつも気にかけてくれて、何気ない言葉をかけてくれたり、困った事があればスグに動いてくれます。

新町:嬉しい!担当者冥利に尽きます!

幸樹:以前、自転車が盗難にあったのですが、即座に対応してくれてとても感動しました。

幸樹さんにとって働く理由とは?

幸樹:飲食店を経験したことから、いつか自分のお店が持ちたいと思いました。 最終目標は、子供食堂を作る事です。現在、社会問題にもなっていますが、家族が忙しく1人きりでご飯を食べている子がたくさんいます。 自分自身も父子家庭で育ったこともあり、そういった孤独を感じている子供たちに、家族団らんの場や小さいころからの「居場所」を作ってあげたいと考えています。たくさんの子供たちに愛情を届けたいと考えています。それが僕の働く理由です。

取材を終えて

大きな目標に向かって、今何をすべきか?どう動くべきか?を考え、常に前を進んでいる幸樹さん。 担当者としてニッコーで長く就業してもらいたいな、と思う反面、【夢に向かってガンバレ!】と応援している自分がいました。 生活にも仕事にもブレなく突き進むあなたは、本当に『カッコイイ』の一言です。ありがとうございました。

インタビュー担当:新町

 

TOP